2023年1月14(土)-15(日) 2日間

まつむらしんご監督
ワークショップ

workshop_dir_top

2022年度の東京国際映画祭にノミネートされた「あつい胸さわぎ」(吉田美月喜、常盤貴子、前田敦子出演)のまつむらしんご監督の演技ワークショップを1/14-15の2日間開催します!


上海国際映画祭 アジア新人賞部門【脚本賞・撮影賞】受賞や台湾でも劇場公開された「恋とさよならとハワイ」や、釜山国際映画祭アジアの窓部門にも正式出品された「ロマンス・ロード」、また来年公開の「ふまじめ通信」など、国内外でも注目されている監督です。1月27日に劇場公開される「あつい胸さわぎ」に合わせて特別にワークショップの開催が決まりました!


なんと今回は実際に映画化を試みて監督が書いたオリジナルの脚本を使って、実践的に映画のシーンを作って頂きます。
脚本の都合上20歳~35歳と年齢制限がありますが、性別や演技経験は問いませんので、沢山の参加をお待ちしております。

まつむらしんご 監督

Director

フリーランスの映像スタッフとして働く傍ら、短編映画の創作を続ける。
第 31 回ぴあフィルムフェスティバルに入選後、早稲田大学大学院に進学する。

在学中に制作した初長編映画『ロマンス・ロード』(2013) がSKIPシティ国際Dシネマ映画祭 2013 長編コンペティション部門にてSKIPシティアワードを受賞。第18回釜山国際映画祭アジアの窓部門に正式出品される。長編2作目の『恋とさよならとハワイ』(2017)では、上海国際映画祭 アジア新人賞部門【脚本賞・撮影賞】受賞、大阪アジアン映画祭JAPANCUTSAward受賞、台北金馬映画祭 NETPAC賞にノミネートする。他にもアメリカ、ドイツ、オランダ、フィリピンなどの映画祭に正式出品され、台湾では3都市で劇場公開される。
2023年1月27日(金)から、演劇ユニットiakuの人気舞台を映画化した『あつい胸さわぎ』が全国ロードショーされる。

【 ワークショップ内容 】

映画化を試みていたオリジナルの脚本を使って、クライマックスのシーンを作っていきます。

シーンの理解を深めるために、脚本には書かれていない前日談(後日談)を、エチュードで演じる可能性もあります。

※脚本の年齢設定を考慮して、参加者の年齢を20歳~35歳までにさせてください 

 

【 日程 】
2023年1月14日(土)、15(日)の2日間

A班 9:00~13:00
B班 14:00~18:00
※班別けの希望は出来ませんが、事情により困難な場合にのみ考慮します。

 

【 場所 】
「studio SOALLA」
西新宿5丁目駅 徒歩3分 / 新宿駅西口 徒歩14分

 

【 募集人数 】
14名(1クラス最大16名)
※応募人数が多い場合は、コロナ対策として同日にA班・B班と分ける場合もあります。

 

【 受講資格 】
20歳〜35歳まで。性別、演技経験等は問いません。

 

【 受講料(2日間・税込) 】

早割 15,500円 ※12/29 23:59までの申込み
一般 16,000円
学割 14,000円 ※当日学生証の要提示
リピーター割 14,500円
アシスタントで見学も可

 

【 応募締切 】
2023年1月6日(金)

 

【 監督メッセージ 】

『自分を使って、他人を表現する』 創作するときは、これをいつも肝に銘じています。

若い俳優の方にお会いすると、この考えが逆になっているケースをよく目撃します。

『他人を使って、自分を表現する』 何がどう違うのでしょうか?それが演技にどんな違いをもたらすのでしょうか? 僕もはっきりとした答えはわかりません。わからないのでずっと考えてます。

このWSも一緒に真剣に考える時間になれば良いなと思ってます。

 

 

【見学アシスタントも募集!】

WSに興味はあるけど参加を悩んでいる方は、見学アシスタントをしてみませんか?

通常非公開ですが、アシスタントする事で見学する事が出来ます。

次回以降にWSに半額で参加出来るクーポンも進呈します!

2日間参加の方優先になりますが、1日だけでもOKです。

アシスタント応募は こちら からお願いします。

 

【 コロナ感染予防対策として】
・人数を絞った上での開催
・入室時の検温(37.5度以上の場合は参加出来ません)
・アルコール消毒を用意
・頻繁に窓を開け換気を行う
・演技時以外はマスクを着用する
・参加者にはマウスシールドを無料配布

 

【 ハラスメント対策として】
・参加者に対して、暴言、強要、恫喝、人格否定等のいかなるハラスメント行為を行わず、安心安全な授業をします。
・人種やジェンダーなどの差別しません。
・講師による指導や、受講生同士の間で過度な身体接触が起こらないようにします。演技上必要な接触については任意とし、合意した場合にのみ行います。
・授業前にハラスメントに関する注意事項を再確認します。
・開講中にハラスメントに該当する兆候があった場合は迅速に対応します。
・受講者リストには連絡先などの個人情報を載せず、授業に必要な最低限の情報のみとします。
・懇親会を開催する場合には主催者も参加し、ハラスメントのない様に管理します。

 

※各自当日朝の検温・マスク持参をお願いします。体調不良の場合はご連絡下さい。
※募集人数を超えた場合は選考となります。
※感染拡大などの情勢により打ち上げは行わない場合もございます。
※参加決定後のキャンセルや、参加者都合で1日のみになった場合など、いかなる状況でも返金は致しませんのでご了承下さい。
※早割は適応日時以降の申込みは無効とさせて頂きます。また各種割引は同時使用出来ません。
※選考通過後のキャンセルはキャンセル料が発生するのでご注意ください。
※領収書の発行はいたしません。銀行振込みをした際の「振込明細書」で代用しております。

『あつい胸さわぎ』

出演:吉田美月喜、常盤貴子、奥平大兼、前田敦子、三浦誠己、佐藤緋美
母親である昭子と港町の古い一軒家で暮らす千夏。 小説家を志し芸大に合格した彼女は、初恋の相手と再会し心を踊らせる。 そんなある日、昭子は千夏の部屋で乳がん検診の再検査の通知を見つけてしまう。 娘の体を心配する昭子と、自身に病気なはずはないと言い聞かせる千夏にすれ違いが生じたそんな時、医者から再検査の結果が告げられる。

 

東京国際映画祭2022 Nippon Cinema Now部門出品

『恋とさよならとハワイ』

リンコには三年間同棲している、大学院生のイサムという恋人がいる。だが、二人の関係はすでに良好とは言えず、ついに別れることになり、それぞれ新しい生活を送る決意をした。はずだった……。 別れる決意をしたものの、ずるずると同棲し続ける女子の葛藤をチャーミングに描く。「恋の終わらせ方」をめぐる、ユーモアと切なさにあふれたラブコメディ。

 

大阪アジアン映画祭2017 Japan Cuts Award 受賞
上海国際映画祭 アジア新人賞部門(脚本賞、撮影賞)

台北金馬映画祭  他

応募フォーム

ご応募の方は下記応募フォームにご記入し、プロフィールPDFをアップロードして下さい。複数ページある場合は3ページ以降を割愛させて頂きます。PDFを送れない方はプロフィールのスクリーンショットでも受け付けます。
プロフィールがない方は こちら から作成(無料)して下さい。 写真のみでも受付ますが、簡易プロフィール代理作成料として+500円が発生します。こちらは登録用の作成となり配布は行いませんので、ご自身での作成をお勧めします。

     


    ※ファイル名はお名前(日本語入力)でお願いします。
    ※PDFが送れない方はプロフィールのスクリーンショットでも可。
    ※プロフィールがない写真のみ方は事務手数料+500円で簡易プロフィールを代理作成します。詳しくは こちら

     

    *

    ※開催しない場合もございます


    ※プロフィールのない方は芸歴等もご記入ください。

    応募フォーム