ワークショップ内容の一部を公開!

※募集は終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

4/30-5/1

木村聡志監督
ワークショップ

workshop_dir_top

レプロ主催『感動シネマアワード』でグランプリを獲得した現在公開中の長編映画『階段の先には踊り場がある』の木村聡志監督のワークショップを4月30日~5月1日の二日間開催します!


199分の長尺ながら最高動員記録をたたき出した『恋愛依存症の女』『暇乞い白書』などシニカルな恋愛コメディが得意な監督で、過去には「ゆうばりファンタスティック映画祭」「LA EigaFest ショートコンペティション部門(ロサンゼルス)」 「Camera Japan Festival(オランダ)」「YoFiFest/ The Yonkers Film Festival(ニューヨーク)」「Short. Sweet. Film Fest (クリー ブランド)」など国内外の映画祭で高い評価を獲得しています!

 

そんな木村監督が今後撮影する映画をベースとしたオリジナル脚本でワークショップを開催します!
ワークショップ中に実際撮影して上映講評もしてくれます。また良い方がいたら積極的に次回作のキャスティングもするそうです。実際に前回も本WSからキャスティングされています!
経験や事務所所属などは問いませんので、ぜひ皆様の参加をお待ちしております。

木村聡志監督

Director

1988年生まれ東京都出身。2018年、初の長編映画『恋愛依存症の女』で劇場デビュー。池袋シネマ・ロサで同年度のレイトショー動員記録を叩き出し、2019年、全国巡回後、凱旋アンコール上映が開催された。2020年レプロエンタテインメント主催『感動シネマアワード』でグランプリを獲得。同企画の長編『階段の先には踊り場がある』が池袋シネマロサで現在公開中。

【 ワークショップ内容 】

より実践的なワークショップを行いたいと思います。

実際の映画で今後使用する予定の脚本を使い、一つのシーンを作り上げるという事を二日間かけてじっくりと考えてお芝居をしていただきます。

最後には実際に撮影をして、上映、講評までを行います。

 

【 日程 】
2022年4月30日(土)・5月1日(日

A班 9:00~13:00
B班 14:00~18:00
※1日のみの参加は不可になります。
※班別けの希望は出来ませんが、事情により困難な場合にのみ受付ます。

 

【 場所 】
「studio SOALLA」
西新宿5丁目駅 徒歩3分 / 新宿駅西口 徒歩14分

 

【 募集人数 】
12名(1クラス最大14名)
※応募人数が多い場合は、コロナ対策として同日にA班・B班と分ける場合もあります。

 

【 受講資格 】
中学生以上であれば年齢、性別、演技経験等は問いません。

 

【 受講料(2日間・税込) 】
早割 12,000円 ※4/14 23:59までの申込み
一般 12,500円
学割 10,000円  ※当日学生証の要提示
リピーター割 11,000円
アシスタントで見学も可

 

【 応募締切 】
2022年4月21日(木)

 

【 監督メッセージ 】

ちょうど一年前にもこちらのワークショップで講師を務めて、その際にも今回と同じく自身の新作映画の脚本からいくつかのシーンを抜粋して受講者の皆さんにはお芝居をしてもらいました。

実際にその受講者の中から映画の出演オファーをさせてもらった方もいますし、今でも交流のある方も何人かいます。

二日間で得られることもたくさんあるかと思いますが、その先にも繋がるような出会いがあれば良いなと思います。

 

【見学アシスタントも募集!】

WSに興味はあるけど参加を悩んでいる方は、見学アシスタントをしてみませんか?

通常非公開ですが、アシスタントする事で見学する事が出来ます。

次回以降にWSに半額で参加出来るクーポンも進呈します!

2日間参加の方優先になりますが、1日だけでもOKです。

アシスタント応募は こちら からお願いします。

 

【 コロナ感染予防対策として】
・人数を絞った上での開催
・入室時の検温(37.5度以上の場合は参加出来ません)
・アルコール消毒を用意
・頻繁に窓を開け換気を行う
・演技時以外はマスクを着用する
・参加者にはマウスシールドを無料配布

 

※各自当日朝の検温・マスク持参をお願いします。体調不良の場合はご連絡下さい。
※募集人数を超えた場合は選考となります。
※感染拡大などの情勢により打ち上げは行わない場合もございます。
※参加決定後のキャンセルや、参加者都合で1日のみになった場合など、いかなる状況でも返金は致しませんのでご了承下さい。
※早割は適応日時以降の申込みは無効とさせて頂きます。また各種割引は同時使用出来ません。
※選考通過後のキャンセルはキャンセル料が発生するのでご注意ください。
※領収書の発行はいたしません。銀行振込みをした際の「振込明細書」で代用しております。

『階段の先には踊り場がある』予告編

大学生の初々しい恋愛と、ままならない人間関係の難しさ、夢に向かう希望と挫折をユーモア交えて描いた恋愛ドラマ。ダンサーを目指して大学の舞踊科に通うゆっこは、同じ大学の演劇科の先輩と別れたあとも同棲を続けている。お互いを「いいパートナー」だと呼び合っているけれど、ゆっこは夢をかけた留学と、先輩に急接近する友人・多部ちゃんのことが気になっている。一方、大学事務の仕事をしている滝は、長く交際している港から結婚を意識させられ、ちょっと困惑気味。将来が見えず結婚に踏み切れない滝は、大学生のときに味わった挫折を今も引きずっていた。
主人公・ゆっこ役を「別に、友達とかじゃない」の植田雅、先輩役を「うみべの女の子」の平井亜門、多部役を「猫は逃げた」の手島実優、滝役を「佐々木、イン、マイマイン」の細川岳、港役を2019年ミスiDファイナリストの朝木ちひろがそれぞれ演じる。

 

監督・脚本・編集:木村聡志
出演:植田雅 平井亜門 手島美優 細川岳 朝木ちひろ

 

『恋愛依存症の女』予告編

予測不可能なハッピーエンドへ。“199分間”の恋愛群像劇、奇跡の劇場公開決定!

新鋭・木村聡志監督のもと、多彩なキャストが織り成す新世代の恋愛喜劇。魅力的な登場人物たちが、スクリーンであなたを出迎える

 

出演:ひらく  品田誠  山谷武志  小島彩乃  大須みづほ  金久保茉由  松森モヘー(中野坂上デーモンズの憂鬱)  安楽涼  吉田裕美  澁川智代
監督・脚本・編集:木村聡志 撮影:道川昭如 音楽:dezimoe 録音:田邊萌乃 助監督:佐島由昭 制作:菅原碧 宣伝協力:髭野純 アソシエイトプロデューサー:永野貴将

 

『暇乞い白書』予告編

密かに交際を続けていた担任教師から別れを告げられる17歳の女子高生みどり。数年続いた同棲生活を解消する為に、引っ越しの準備をして最後の1日を過ごす小林と栞。1年前に事故で40年連れ添った妻を亡くした古書店店主の伊勢。それぞれの別れを巡る群像劇。

 

出演:安楽涼 澁川智代 飯田浩次郎 岡奈穂子 金子祐史 山下ケイジ

監督/脚本/編集/撮影 木村聡志

 

応募フォーム

ご応募の方は下記応募フォームにご記入し、バストアップ・全身写真各1枚以上載せたプロフィールPDFをアップロードして下さい。複数ページある場合は3ページ以降を割愛させて頂きます。PDF推奨ですがそれでも出来ない場合はワードや写真でも受け付けます。

※募集は終了しました。沢山のご応募ありがとうございました。

     


    ※ファイル名はお名前(日本語入力)でお願いします。
    ※PDFが送れない方はプロフィールのスクリーンショットでも可。
    ※プロフィールがない写真のみ方は事務手数料+500円で簡易プロフィールを代理作成します。詳しくは こちら

     

    *

    ※開催しない場合もございます


    ※プロフィールのない方は芸歴等もご記入ください。